節約旅行のススメ 4選まとめ

スポンサードリンク

setsuyaku

私の旅の予算は決して少ないほうではありませんでしたが、夜遊びもして周遊もするとなると、それなりの節約が必須になります。今回は、東南アジアでできる節約方法を4つご紹介します。

 

 

[heading style=”1″]1. 2人だと何かと動きやすい[/heading]

私は一人旅でとても自由に過ごせましたが、節約という面では2人で動いたほうが東南アジアバックパッカーはやりやすいと感じました。理由は、2人だと部屋をシェアすれば、ドミトリーに泊まるよりも安くできる時もあったり、タクシーやトゥクトゥクも割り勘で安く動くことができるからです。2人いればちょっとトイレに行く時など荷物を見ていてもらえるし、意外とドミトリーを探すのが難しい地域にいる時も便利です。国境越えの時や日本人が集まるゲストハウスなどで、仲良くなるチャンスが多くあります。

 

 

[heading style=”1″]2. 朝飯はフランスパンがコスパ高し[/heading]

東南アジアでは比較的どこの国もフランスパンが安く売られています。しかも、圧倒的な安さでおいしい。でっかい塊が日本円で約20円とか普通にあります。あと、飯は地元の屋台かローカル食堂で食べたほうが、外国人向けのレストランに比べ半額くらい安いこともよくあります。

 

 

[heading style=”1″]3. 市内の移動はレンタサイクルか徒歩[/heading]

バックパッカーたるもの快適安心なメータータクシーなる高級な乗り物なんか興味ありません(笑)市内散策くらいなら、トゥクトゥクももったいない。バックパッカーたるもの、徒歩かチャリです。チャリはゲストハウスで貸してくれるところも多く、一日1ドル〜2ドルが相場の激安移動手段です。

 

元気な若者ならまあ片道10kmくらいなら余裕で漕げるので、エクササイズ&節約の一石二鳥だと思って挑戦してみてください。注意点は、チャリを借りる前にタイヤに空気が入っていて、ブレーキとロックが使えるかを確認してください。私はベトナムでブレーキの効かない自転車を借りて何度か轢かれそうになりました。

 

 

[heading style=”1″]4. 長距離移動はナイトバスを使う[/heading]

東南アジアのメジャーな街〜街への移動は意外と距離があります。そんな時は高速バスを使うのが安くあげる常套手段なのですが、その際、できるだけ昼運行ではなく夜行バス(ナイトバス)を使うと良いでしょう。理由は、一晩バスの中で過ごすので、実質、一泊の宿代が浮くからです。

 

慣れてないと気を使うかもしれませんが、スリーピングバスというベットが装備されたバスもありますので、結構寝れちゃいます。しかも、だいたい次の街には朝ついてくれるので、治安的にも安心だし、土地勘がなくても安宿を探す時間はたっぷりあるのでオススメです。

 

 

まとめ

旅はとても楽しいので、気が緩んでいるとすぐにお金が減っていきます。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください