ラオスのナイトマーケット【ビエンチャン&ルアンパバーン】

lao_nightmarket01
ビエンチャンのナイトマーケット
スポンサードリンク

ラオスというか東南アジアの名物の一つに「ナイトマーケット」があります。ナイトマーケットの醍醐味は、露天夜店の雰囲気とディスカウントにあると思います。

 

ビエンチャンとルアンパバーンのナイトマーケット両方行きましたが、ルアンパバーンのほうが落ち着いていてじっくり商品を見れるし、既製品よりハンドメイドが多かったので好きでした。

 

 

lao_nightmarket02
ハンドメイドが多いルアンパバーンのナイトマーケット

ビエンチャンのナイトマーケットはメコン川沿いに19時ごろから始まり、食べ物屋台も多くルアンパバーンに比べてにぎやかでした。T-シャツ屋や雑貨屋が多かった印象。

 

また、ビエンチャンにはモーニングマーケットという巨大ショッピングモールもあるので、そちらもチェックしてみるといいでしょう。モーニングとついていますが、日中はずっとやっているので悪しからず。

 

ラオスのナイトマーケットはタイのカオサン通りやベトナムの市場と違って、法外に吹っかけてもこないしディスカウントもやりやすいので楽しかったです。東南アジアでの値切り(ディスカウント)の極意はこちらから。

 

ディスカウント 6つの極意 【成功する値切り方】

 

まとめ

ルアンパバーンのナイトマーケットが好き

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください