バックパッカー旅行記!, ヨーロッパ旅行記, 旅系!

【30万円(航空券込)でヨーロッパをまわった話】~食事~

安く抑えたかった

食事はレストランで食べるなんて本当数回!
「いかにこの予算でやってくか」が全てだったので節約
基本的には買い食いしたり、買って宿で食べたりしました。

朝食は宿で

ユースホステルやバックパッカーの宿では、朝食が食べ放題だったりするので、それで腹ごしらえをして、その日のエネルギーを蓄えました。
ほとんどのところがパンとジャムのみ(たまにシリアルもある)でしたが、サラミがあったりチーズがあったりするところもありました。(ビタミンCが足りませんね・・・)

スーパーが安い!(in ドイツ)

オランダとかも安かったですが、ドイツが安かった印象です。
ヨーロッパは、乳製品とパンが安い
私は買わなかったけど、肉類も安かったです。
ビスケット等のお菓子も安かったので、小腹がすいた時にポリポリする用として持ってました。
私が泊まったところは、調理できるところが少なかったので、調理せずに食べられるものを選んで買いました。

そしてビール!!

IMG_0413めちゃめちゃ安い!!
しかも色んな種類のビールがあるので、楽しめました!!

外食

サンドイッチの路面店(SUBWAYみたいなサンドイッチ)を食べたり、地元の人が行列していたお総菜屋さんでとりあえず何か買って食べてみたり(これがめちゃめちゃ美味しかった!)、レストランで食べたりもしました。

オランダには、パンの自動販売機みたいなものもあり、1ユーロでパンが買えました。

ヨーロッパでは、結構歩きながらものを食べている人が多かったので、私も堂々と食べ歩きしてました。
フランスでは、駅構内でリンゴをかじりながら歩いている人もいてちょっと驚きでした。
とにかく、ヨーロッパでは「歩きながら食べる」ということに恥ずかしさを感じなかったので、レストランに入れなくてもOKでした!

旅行での食事について

私の場合は、この旅では「食」に重きを置いていなかったので、あまり食費をかけませんでした。
でも、「食」への興味は非常にあるので、スーパー巡りはとても楽しかったです。

もちろん「食」をメインの旅もすごく楽しいと思います!
でもきっと、その場合は一人旅よりも誰かがいた方が楽しめるかもしれません。
私が外食した時は、「ゲストハウス等で仲良くなった人と一緒に食べる時」でした。
誰かと一緒だと入りやすいし、色々注文してシェアするということもできたので良かったです。

でも、一人でお店に入るのも全然問題はないです!
私もチェコとフランスで一度ずつ一人でレストランにはいりました。
チェコのお店では、アコーディオン弾きのおじいちゃんが近くに来て演奏してくれて楽しかったし、最後の夜にフランスで食べた大きいステーキ(山盛りポテト付き13ユーロ)も忘れられません。

ポイント

・スーパーは利用価値大!
・ビールがめちゃめちゃ安いし種類も豊富!
・パンは安くて歩きながら食べても問題なし!
・たまにはレストランでの食事も楽しい

 

 

スポンサードリンク

About the author / 

PON

おすすめ英語学習法!

格安ゲストハウス検索!

 

カテゴリー

Twitter!