カンボジア, バックパッカー旅行記!, 国で選ぶ, 旅系!, 東南アジア一周バックパッカー旅!

【バックパッカー向け安宿】カンボジアのゲストハウス(シェムリアップ)

シェムリアップにはたくさんのゲストハウスがあります。そして、旅慣れていない人でも安心できる、日本人が集まりやすい安宿も存在します。

 

多くは国道(6号線)沿いにあります。シェムリアップの中心地から歩いて10分ほどです。歩きが不安な方はTukTukで2ドル〜4ドルほどです。

 

 

タケオ

http://angkor.main.jp/takeo/

takeo

従業員は現地人ですが日本語がペラペラです。日本人のボランティアの方もいるし、宿泊客のほとんどが日本人だったので、寂しくなったり情報が欲しい時はここにきましょう。お昼ご飯だけ食べにくることも可能です。

 

ただし、タケオといえども貴重品の管理は徹底すべきです。従業員よりも外部からの盗人にやられる可能性があります。しかも、ここタケオで盗まれた金品は、現地の警察に言っても対応してもらえない可能性が高いです。

 

その理由は、

 

『昔、タケオに泊まった日本人たちが集団でモノを盗まれたようにみせかけて、トラベラーズチェックの現金をだまし取ろうとした』

 

という逸話があり、タケオの宿泊者は現地の警察から信用されていないらしいというものです。信じるか信じないかはあなた次第ですが(笑)

 

深夜12時をまわると、タイやベトナムなど東南アジア恒例のシャッター閉めを食らうので、早めに宿に戻ることをおすすめします。

 

タケオの他にも、IKI IKI Guest Houseや日本人オーナーのクロマーヤマトゲストハウスにも日本人が多く宿泊していきます。ヤマトに泊まっていた日本人が、タケオに入り浸っているの光景も目にしたので、肌に合う宿を選ぶのが良いと思います。

 

注意点として、カンボジアのバックパッカーが口を揃えて言うことがあります。それは

 

 

『カンボジアのシャワーは鉄くさい』

 

 

と言うもの。私は特に気にしませんでしたが、現地の土の色が赤かったことから、『鉄分が多いから健康にいいかも』ということにしています。

 

スポンサードリンク

About the author / 

R・I・O

世界にでたいとりあえずWeb系な人

カテゴリー

Twitter!