海外の旅先で、身軽に街を動くちょっとした工夫

スポンサードリンク

migaru
東南アジアをバックパッカーしていると街と街の移動手段として高速バス、特に夜行バスを利用する機会が多くなります。

そして、この待ち時間が意外と暇で、「夜行バスまで 微妙に時間あるし、ちょっと市内観光でもしよっかな〜」という場面が多々あります。

 

そんな時は、ゲストハウスをチェックアウトする際、

 

「宿に無料で荷物を置かせて貰う」作戦

 

を使うと、重いバックパックを背負わずスマートに街に繰り出せます。

 

東南アジアのゲストハウスのチェックアウトタイムは11時〜12時がほとんどで、荷物はロビーに置いておく形になります。

 

もちろん、タダで荷物を置かせてもらっているので、置き引きの危険はありますが、そこを割り切れると快適に立ち回れます。基本バックパックには「盗まれてもいいもの」を入れるようにしておきましょう。

 

まとめ
「宿に無料で荷物を置かせて貰う」作戦は使える。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください