旅をより楽しくする方法 3選

スポンサードリンク

[heading style=”1″]1. 日本人バックパッカーと情報交換すると捗る。[/heading]

tanosikusuruhouhou

たまに「日本人とは馴れ合いたくねー」「メンドクセー」といって他の日本人バックパッカーとの交流を拒む人がいます。私は全然それでも良いと思います。いき過ぎた交流は旅の新鮮さを失わせてしまい、余計な気を使って逆に疲れてしますこともあります。

 

ただ、日本人同士の情報交換で得られる知識はかなり役にたちます。街の歩き方、ガイドブックに載っていない名所、国境越えの感想などなど、生の情報が手にはいる格好のチャンスです。もし気の合う仲間でも見つけられれば、1人では予定していなかった場所に行けたり体験できたりします。人間群れを成すと強気にいけますので、その効果を最大限利用して楽しんじゃいましよう。

 

 

[heading style=”1″]2. 日記をつける[/heading]

ユニーク Bluetoothキーボード rapoo E6300 ホワイト 5.6mmウルトラスリム E6300W

ずばり、日記をつけてみましょう。Facebookなどのブログで良いと思います。私はパスポートサイズの手帳を常に持ち歩き、暇になった時や寝る前に、今日一日の出来事や感じたことを日記にしていました。日記が書けない場面でも、新しい気づきがあった時はすぐにiPhoneにメモをして忘れないようにしました。

 

私が手書きの日記にした理由は、旅っぽいという単純なものでした笑  しかし、手書きならではの味がでて、思い出が蘇ってきやすいし、なにより形あるものとして残るので、やりがいがありました。手書きな苦手な人はBluetooth対応のミニキーボードを持っていってスマホもしくはタブレットでブログや日記を書いてみてください。ミニキーボードなら一ヶ月くらい充電しなくても大丈夫だし、とても軽いので持ち運びが楽で長文を書くのに適しています。

 

私はいろいろ検討した結果、rapooのキーボードを使用していますが、ちょっとしたメモや執筆の時にカフェなどでサッと使えるし、なにより圧倒的軽量&コンパクトのうえ、タイプ感も気持ちが良く、スタイリッシュなドイツデザインが超COOOOLなので、旅に関わらず激しくおすすめです。Bluetooth対応ならほどんどのデバイスで使えると思うので、お好きなものをチョイスしてみてください。

 

 

[heading style=”1″]3. 日本をGIVEする[/heading]

01

日本っぽいモノをいくつか持っていって、お世話になった現地人や仲良くなった欧米人に配りまくりましょう。日本のモノで、そもそもプレゼントなんてのは珍しいでしょうから100%喜んでくれますし、何よりこちらも気分がいい!

 

色々持って行きましたが、使い勝手がよかったモノは「お茶ずけ」と「筆ペン」が場所を取らないで便利でした。お茶ずけはどうやって食べるか理解させるのに手間取りますが、Japanese Junk Food とパッケージで皆興味を示してくれます。

 

筆ペンは、仲良くなった欧米人に「当て字で名前を書いてプレゼント」すると喜んでくれます。我々が英語カッケーと思うように、漢字SO COOL!と思っている人も多いので、キラーコンテンツとして仕込んでいくのもありでしょう。

 

ハッピーを与えることで、いずれは自分にそのハッピーが回り回って帰ってくる。

 

と私は考えています。英語で言えばギブアンドテイクにあたりますが、プレゼントに限らず「誰かの力になる」という考えで行動していると、いつか自分が困った時に誰かが助けてくれるので、交流ついでに徳を積んでおきましょう。

 

まとめ

視野を開いて柔軟になれると楽しい。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください