タイ, バックパッカー旅行記!, 国で選ぶ, 旅系!, 東南アジア一周バックパッカー旅!

【世界遺産】アユタヤ遺跡のバックパッカーな周り方【アユタヤの行き方】

ayutaya01

世界遺産アユタヤ遺跡。バンコクから気軽に行ける世界遺産をレポートします。しかし、そのまえに、『アユタヤ遺跡見ただけ感』があったので、ざっくりアユタヤの歴史を確認。

 

アユタヤの歴史

 

1351年にウートン王って人がアユタヤを建国。ビルマ軍(ミャンマー)にぶっ壊されるまで400年近く「アユタヤ王朝」としてタイの中心都市だった。近くを流れるチャオプラヤー川を生かして、徳川将軍率いる日本とも貿易があった国際貿易都市として発展。

 

っとこれだけではよくわからない。ただ、この国際貿易都市・アユタヤには『日本人街』がつくられるほど日本と密接な関係にあった、ということは興味深いことです。

 

調べてみると、日本人街には最高8000人もの日本人が住んでいたとも言われます。ざっくりとした理由は、当時ビルマ(現・ミャンマー)のタウングー王朝からの軍事的圧力に悩まされていたアユタヤは、実戦経験豊富な日本の侍(戦国時代に負けた浪人)を『傭兵』として雇い入れて対抗しようとした狙いがあり、政治的にも大きな力を持つようになった、とのこと。

 

その結果、アユタヤの憲法的な『三印法典』び、日本人傭兵隊はクロム・アーサーイープン(日本人義勇兵局)と名付けられ、その最高責任者にはバンダーサック(官位制度)の第三位であるオークヤー・セーナーピムック( ออกญาเสนาภิมุข)があの山田長政に授けられた、ということです。

 

アユタヤの回り方

 

さて、ここからアユタヤの回り方です。

 

ayutaya06

結論から申しますと、私の価値観では、アユタヤは一日あればお腹いっぱいっという感じでした。私は12時ごろアユタヤに行き夕方5時の電車でバンコクに帰る日帰り観光で満喫できたので、なんかあるやろうと思ってアユタヤに何泊かしようと思っている方は目的を決めたほうがよいと思います。

 

 

ayutaya05

アユタヤ(Ayutthaya)はバンコクの北に位置し、ツアーバスか電車での行き方があります。私は、一番安いだろうと思われる電車で行きました。バンコクのフアランポーン駅からアユタヤ駅まではちょうど2時間でつきます。驚きなのは、2時間乗ってるのに運賃が20B(70円ほど)ということ。

 

切符は改札で『アユタヤ』といえば買うことができ、20Bとはエアコンが効いていない三等席のことですが、窓をあければ涼しいし不便なことはありませんでした。チェンマイまたはウボンラチャタニー行き(1日15本)に乗ります。

 

アユタヤ駅に着くと、例にならってトゥクトゥクおじさんの襲来を受けます。ここで誘いに乗るのも良いでしょうが、1時間チャーターで約200バーツが相場。私は駅のすぐ向かいにあるレンタルサイクル屋で1日40Bのママチャリで回りました。アユタヤは観光地なので治安は良いように思えましたので、女性でもチャリ周遊は大丈夫かと思います。ちなみにここはWi-FIも使えます。

 

一緒に借りた白人がママチャリ特有のスタンドの使い方がわからなかったところにカルチャーの違いを感じました(笑)

 

 

ayutthaya-map

アユタヤマップ

アユタヤ遺跡内の有名どころはガイドマップを参考に適当に回ればよいと思います。アユタヤ駅から遺跡群まではチャリで15分ほどのところにあります。アユタヤ駅をでたら左の方向に進み、立体の橋を渡ってひたすらまっすぐ行くと突き当たりにTAT(タイ観光庁)があります。ここが遺跡群の後ろのほうなので周りやすいと思います。ちなみに、ボートでも渡れるっぽいです。

◉タイ国政府観光庁HP http://www.thailandtravel.or.jp/area/ayutthaya.html

 

 

ayutaya03

TATではアユタヤの歴史を展示する博物館も併設されており、冷房ガンガンに効いていて景色も綺麗だったので休憩には最適でした。

 

 

ayutaya02

朱印船貿易のことも書かれたいましたが徳川将軍がTOKUGARAになっていました。

 

 

ayutaya04

エレファントキャンプでは像とふれあうことができます。像の足に乗っての記念撮影は40Bです。像を間近で見たのは初めてだったのですが、とても不思議な目の色をしているんですね。こりゃ崇拝されるわ〜と密かに思っていました。

 

遺跡に関しては、正直どれも同じような感じに見えてしまったので詳しくは語りませんが、ワット・マハタートはとても良かったです。アユタヤ遺跡は80個以上の遺跡が点在していて、エントランスフィーがかかるところとそうでないところがあります。エントランスがないところでも意外と立派でアユタヤ感があるので、お金をかけなくても楽しめるのがアユタヤの良いところだと思います。

 

体力の関係上、日本人街は断念しました(笑)楽しみはまた次の機会に取っておきます。

 

あと、気をつけたほうがいいのがです。野良犬の飼い犬も気性が荒く、一回10匹くらいの野犬に本気でチェイスされました。追われ始めたら本気で逃げてください!(迫真)

 

まとめ
アユタヤで像に乗れる。

 

スポンサードリンク

About the author / 

R・I・O

世界にでたいとりあえずWeb系な人

カテゴリー

Twitter!