【安宿】バンコクのゲストハウス&タイのバス、電車の乗り方【市営バス】

スポンサードリンク

kaosan04

バンコク・カオサン通りは深夜遅くまで賑わっていますが、意外にも、コンビニ(セブンイレブン)のお酒販売は0時までと決まっていました。0時をすぎると、お酒が冷えている冷蔵庫だけ鍵が掛けられて買えないようになります。ただし、お店では普通にアルコールが飲めます。

 

そんなカオサンですが、主要な鉄道駅からのアクセスが良くなく、カオサンを拠点にしたバックパッカーは安い市営バスを利用することが多くなると思います。乗り方については、こちらのサイトがわかりやすいです。http://www.bangkoknavi.com/special/5038915

 

カオサンマップももう一度貼っておきます。

khaosanmap_ja

東南アジア全体で言えることなのですが、バスに乗る際、『乗りますアピール!』をしないと普通に通り過ぎてしまうことです。なので、自分が何番のバスに乗るかを知った上で、道路ギリギリまで身を乗り出し、目を凝らしていなければ乗り逃してしまいます。

 

あと、道路はタイだけ日本と同じ左側通行でした。ラオスもカンボジアもベトナムも右側通行だったので、バス停で待つ際は逆方向に並ばないように気をつけてください。

 

カオサン通りから主要スポットへは、主に1番か2番のバス停を利用すると良いでしょう。下記がバスの路線番号です。だいたい7~10Bほどなので、小銭をたくさん用意しておきましょう。

 

◉ナナプラザ周辺まで = 赤2、オレンジ511

◉サイアム = 赤15、赤47

◉フアランポーン駅 = 白159

◉ウィークエンドマーケット = 赤&オレンジ59、白503、オレンジ&青509

 

行く時なんとか乗って、帰りのバスの番号がわからないという事態にも気をつけてください。カオサン行きは9.15.30.32.33.44.56.64.65.68.70.82.159.201.506.516.524.M8のナンバーです。

 

さらに、夜のバスだと周りの風景も見えなくて、どこで降りればいいか皆目検討がつきません不安な場合は、運転手や料金係の近くに座って、逐一場所を確認してください。

 

東南アジアのバスにはドライバーの他に料金係の乗務員がいて、運賃は乗車した時この人に払い、切手のような乗車券を受け取ります。目的地の発音さえわかっていればYESorNOで意思疎通ができますし、タイの人は外人にとても親切です。

 

※蛇足としてTUK TUKとタクシーの相場です。

 

■トゥクトゥク

徒歩で10分位の距離 - 約30~40B

徒歩で20分位の距離 - 約40~50B

 

■タクシー

初乗り1kmまでが35バーツ(約90円)

10km乗って80バーツ(約210円)

正直タクシーのほうが冷房が効く分、安いかも?

 

 

続いて、カオサン通りの安宿をご紹介します。

 

◉Secret Garden

http://www.globaltravelmate.com/asia/thailand/bangkok/bangkok-hotels/1353-bangkok-secret-garden-guesthouse.html

kaosan2_02
ここは安くて綺麗だった!

カップルに超絶おすすめ。600Bツインルームがありますが、めっちゃ綺麗で冷房WI-FIホットシャワーでした。安宿狙いからは少しはずれますが、1500円払ったベトナムのホテルより良かったです。

 

 

◉SAKURA HOUSE

kaosan01
エレベーターも使える猫が住み着いていました

冷房WI-FIホットシャワードミトリー120Bという驚異のコスパ。客は日本人が多数でなぜか雰囲気はよくありませんが、安心感がちがいます。4Fか5Fにあります。

 

 

◉Green House
 http://www.agoda.jp/asia/thailand/bangkok/green_house_hostel.html
たしか、300Bしなかったくらいでシングルがありました。比較的綺麗です。一回がレストランになっているので入口がわかりにくいですが、奥に入っていけばReceptionがあります。

 

この他に、カオサン以外の辺境に安宿を探してみましたが、死ぬほど歩いたわりには見つからなかったり、アクセスが悪かったりとメリットが少なかったです。

 

少々高くてもアクセスの良い安宿街に拠点したほうが、安全ですしお店も多くて楽しいです。ルンピニ駅などは超絶郊外なので気をつけてください。安さだけで宿を探すと痛い目に遭います。

 

最後に、現地で入手したカオサン宿マップを共有しておきます。

kaosan2_03

 

 

まとめ

一番信じるべきは旅人の口コミ己の直感。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください